臨時休校が延長...どうするさくら女子中学校!?

3月中旬、タンザニア国内でもコロナの感染が見つかりました。 その翌日には、政府から国民に様々な対策の指示が、そして全国の学校に臨時休校の指示が出されました。 現在、その感染者数は299名だそうです。(在タンザニア日本国大使館HPより) タンザニア政府の対応の早さのおかげで、急激な感染拡大は起こっていないものの、感染者数は少しずつ増えており、学校再開の目処は立たないようです。 タンザニアのすべての学校が自宅学習を余儀なくされている状況です。 そんな中、さくら女子中学校では、Whatsappという、LINEのようなメッセージアプリを使って保護者に課題を届けるサービスが始まりました。 (このアプリは、スマホを持っているタンザニア人のほぼ100%が日常的に利用しているほど普及しているため、保護者のやりとりをするにはとても有効なツールなのです。) まず、各教科の先生が、自宅でできる課題を作成します。 それを、メッセージアプリ上に作成した保護者のグループに投稿し文章や画像ファイルの形で共有し、各家庭に届けます。 保護者から生徒に課題の内容を伝え、それに沿って家庭学習を行います。 タンザニアでは、日本の学校のように、「映像授業」というわけにはいきません。しかし、さくら女子中学校は、教員と家庭の状態を考慮して考えた今できる最善の方法で、休校中の勉強の機会を提供しているのです。 コロナウィルスが収束し、早くまたみんなで学校に集まり、教室で授業を受けられる日が来るといいですね。

押し花&糸電話、プロから学ぶ特別授業!

(※本記事は、臨時休校が始まる前のお話です。) 3月中旬、日本人の親子がさくら女子中学校を訪問してくれました。 お母さんは、押し花のスペシャリスト。 なんと、愛知万博(愛・地球博)で作品が展示されたり、日本やタイ、ブータンなど、世界各地で教えた経験もあるそうです。 息子さんは日本の大学で「音」の研究をする大学生。 「音の伝わり方」を専門としていて、この春より大学院への進学が決まっているそうです。 そんなお二人が、さくら女子中学校で、それぞれの得意分野についての特別授業をしてくださりました! まずは、日本文化の特別授業で実施した「押し花」の授業の写真からご紹介! 先生は着物を着て登場! 折り紙と押し花をコラボレーションしたアートを制作 完成した作品を手にして大満足の生徒たち 普段、美術の授業が無いさくら女子中学校ではなかなかできない体験です。 折り紙を綺麗な形に切ったり、数種類の押し花と組み合わせたりしながら、作品作りに熱中する姿はまるでプロのアーティストでした! 素敵な授業と作品をありがとうございました! 続いては、物理の特別授業として実施した「音の伝わり方」の授業の写真! 生徒の心を掴む自己紹介 小グループごとに糸電話づくり 作った糸電話で実践!聞こえるかな? 糸電話を2セット、3セット、4セット...聞こえるのかな? 生徒たち自身で作った糸電話を使って、音が伝わる仕組みを学びました。 「糸を押さえたら声は聞こえるかな?」 「糸電話を2つ、3つと繋いでも、声は伝わるかな?」 と、とても子どもの興味を引きつける課題を与え、実験を行ってくれました! 話を聞くと、こうやって授業を行

最新記事
アーカイブ

Copyright © 2020 Group Kilimanjaro Inc. All rights reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
JP.png
EN.png