12月9日はタンザニアの独立記念日!

更新日:2021年12月16日

12月9日はタンザニア連合共和国の独立記念日です。


ということで今日は、「タンザニアの独立」にまつわる歴史の授業をしたいと思います。

19世紀、東アフリカでは植民地化が進められていました。


現在のタンザニアの大陸部分はドイツ領東アフリカの一部になり、ザンジバル(ウングジャ島・ペンバ島)はイギリスの保護国となります。

18世紀の東アフリカ

当時、ドイツ領東アフリカには現在のルワンダやブルンジ、タンザニア(ザンジバル以外)の地域が、イギリス領東アフリカには、現在のケニアやウガンダなどのある地域が入っていました。


本物のデザインかどうかの確証は無いですが、Wikipediaによると、当時のドイツ領東アフリカとイギリス領東アフリカでは、以下のデザインの旗が使用されていたそうです。

Wikipediaに掲載されているイギリス領東アフリカの旗

Wikipediaに掲載されているドイツ領東アフリカの旗

その後、第一時世界大戦でドイツが敗戦したことにより、植民地が大きく変わります。

1919年、ヴェルサイユ条約によりドイツ領東アフリカは分割され、西側(現在のルワンダとブルンジ)がベルギー領に、現在の後のモザンビークの一部となる南部をポルトガル領に、そして、残りはイギリス領となり、タンガニーカと名付けられました。


第一次大戦後の東アフリカ

Wikipediaに掲載されているイギリス植民地時代タンガニーカの旗

その後、1961年12月9日、タンガニーカがイギリスから独立してタンガニーカ共和国に、

その2年後の1963年12月10日に、ザンジバルも独立してザンジバル人民共和国になりました。


1964年4月26日にこれら2つの国が1つとなり、タンガニーカ・ザンジバル連合共和国が成立します。


その約半年後、10月29日に国名を改称し、タンザニア連合共和国となりました。


国旗も、当時の2つの国旗を合わせた素敵なデザインになっています。



✳︎ちょっと余談ですが、タンザニアの国旗のそれぞれの色の意味は以下の通りです。

緑:大地、農業 青:海(インド洋) 黄:鉱物資源(金など) 黒:タンザニアの国民


タンザニアの国旗の色

この独立記念日の日に、タンザニアからGoogleのページに繋ぐと、ロゴが下の画像のものになっていたそうですよ。(2021年12月9日)


気遣いがとっても嬉しいですね!

ちなみに、12月9日のタンザニアの(正確にはタンガニーカの)独立記念日は、祝日になっています。


この日は、仕事も学校も完全にお休み!

伝統料理を楽しみながら、タンザニアの歴史を振り返り、東アフリカの国々の未来に期待を膨らませる1日にすることになっているそうです。


さくら中学の生徒や先生たちは、家族とどのように過ごし、どんなお話をしたのでしょうか?


「冬休みが明けたら質問してみたいなぁ。」なんて思っています。

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。

最新記事