Copyright © 2019 Group Kilimanjaro Inc. All rights reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
JP.png
EN.png

国家試験で素晴らしい成績を収めました!

January 28, 2019

 タンザニアには、年に1度、国家試験(ナショナルイグザム) と呼ばれる、全国統一試験があります。

 

中学校では4年間のうち、2年生と4年生で2度行われます。

 

昨年11月、さくら女子中学校の2年生(1月より新年度のため現在3年生)も試験を受け、

なんと、44人中、39人がDivision1(4段階中の最高評価)の成績を収めました。 

 

Hongera sana!!! 

(ホンゲラ サナ=スワヒリ語で「おめでとう」)


開校3年目でこのような結果を残すことは他校では前例がなく、これは、生徒の努力はもちろん、質の高い授業の成果かと思われます。


 

 タンザニアの多くの学校では、

「教員が一方的に教科書の内容を説明し、黒板に書いた内容を生徒が書き写す」

教師中心に知識を教え込むタイプの授業が実施されています。

 

一方、さくら女子中学校は、「生徒中心・対話型の授業」を目指しています。

「話し合い」「ディベート」「発表」「実験」などを授業に取り入れ、生徒が中心になるように授業を行う、という方法です。

 

「生徒中心・対話型の授業」の中で身についた知識は、教科書の内容を暗記しただけの知識とは異なり、生徒の中にきちんと腑に落ちた形で身につきます。

 

今回のように、さくら女子中学校が国家試験の素晴らしい結果を残すことで、私たちの目指す「生徒中心・対話型の授業」がタンザニアで一目おかれるのではないか、という期待も高まります。

 

今後の発展がとても楽しみですね。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square