コンピュータの授業でクイズショーを企画

さくら女子中学校のコンピュータの授業では、現在、「クイズショーを開催しよう!」というゴールに向かってPower Pointの使い方を学んでいます。 マルバツクイズを制作する1年生の生徒 3年生と4年生はグラフを使った問題を、1年生と2年生はマルバツクイズを作って、クイズショーを企画しています。クイズのプレゼンテーションの準備だけでなく、担任の先生への招待状もWordを使って自分たちで作りますし、司会進行も自分たちで行います。来学期の本番が楽しみです。 さくら女子中学校のパソコンの授業は、生徒はひとり一台パソコンを使い、たくさんの技術を学びます。タンザニアでは、大学の講義で初めてパソコンに触れる者も少なくない中、さくら女子中学校の生徒では、毎週パソコンに触れる機会を作ることができています。 コンピュータの授業の様子をビデオにまとめましたので、以下からご覧ください。

在タンザニア日本国大使館より、後藤特命全権大使がさくらを訪問

先月、 在タンザニア日本大使館より後藤大使(駐タンザニア連合共和国特命全権大使)がさくら女子中学校を訪問されました。 大使は、生徒がひたむきに学習にのぞむ様子や、校舎の設備を見ながら、校内を回られました。 また、「将来、タンザニアの社会に貢献できるようなリーダーになってください。」とメッセージをくださり、全校生徒を激励してくださいました。 訪問の様子は、在タンザニア日本国大使館のウェブサイトにも掲載されています。 こちらも併せてご覧ください。 https://www.tz.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000148.html

最新記事
アーカイブ

Copyright © 2020 Group Kilimanjaro Inc. All rights reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
JP.png
EN.png