アニメを使った授業で選挙を体験!

弘前大学の蒔田純先生が、民主主義をテーマにアニメーションを使った授業を実施してくれました。

オリジナルアニメの物語の中で、意見が分かれた住民たちが選挙を行います。


「10年分のお祭りの予算を使って便利な橋を作る」か「橋を諦めて毎年お祭りを実施する」か...


それに沿って、生徒それぞれも一市民として選挙に参加しました。

投票前には、生徒も市民になったつもりで、みんなで

  • どっちに投票するの?

  • なんで◯◯◯に投票するの?

  • ▲▲▲に投票する理由は〜...

と、話し合いも行われました。

さて、いよいよ投票です。


実際に投票用紙を書いて、ひとり1枚、投票箱の中に入れていきます。

代表の生徒が、得票数を数えます。


ついでに「日本では正の字で数をカウントするよ。」と、日本の文化も学びました。

結果は、25対14で「橋を作る」方の候補者が選ばれました!


生徒に理由を聞くと、「橋を作ればビジネスのための往来がしやすくなり、経済が発展するから」だそうです。


一方で、選ばれなかった「お祭りを開催する」に投票した生徒の意見は「お祭りによって経済効果が見込まれるから」とのこと。


みんな、よ〜く考えて投票していました。

授業後も、

  • 日本は何歳から選挙権がありますか?

  • 日本の選挙は何年に一度ですか?

  • 今の日本の大統領の名前は?

と、日本の選挙や政治に関して、たくさんの質問がされました。


「日本のトップは総理大臣で、大統領がいない」というお話には、みんな特に驚いていました。

アニメを使い、実際に投票をすることを通して学ぶユニークな授業に、生徒たちは興味津々な様子でした。


蒔田先生、素晴らしい授業をありがとうございました!

 

※当日の様子は、「民主主義と教育を考える会」のHPでもご紹介いただきました。

https://researchfordemocracy.amebaownd.com/posts/38475096

 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。(所要時間1分程度



最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square