top of page
  • 執筆者の写真現地日本人スタッフ:登尾紗衣

日本の新年を体験!だるまに目を入れました

さくら女子中学校の特色でもある日本語・日本文化の授業が、今学期もスタートしました。


新年最初の授業では、文化紹介として日本でのお正月の過ごし方を紹介。


お餅つきの動画を見て、「お米をついたら伸びるようになった!」とみんな目を丸くしていました。


授業の最後には、だるまの目入れを体験!各クラスに一つずつ小さなだるまを用意して、クラス全体のお願い事を決めてもらいました。


それぞれのクラスのお願い事は以下の通りです。


1年生「試験に合格できますように。日本に行けますように」

2年生A組「国家試験に全員合格できますように」

2年生B組「国家試験に全員合格できますように」

3年生「日本に行けますように」

4年生「国家試験で全員Division1(5段階中の最高評価)が取れますように」


各クラスの代表の生徒が、慣れない筆ペンで一生懸命目を描いてくれました。



左目を入れ終えた各クラスのだるまがこちらです!





左から順に、1年生、2年A組、2年B組、3年生、4年生のだるまです。


手を合わせ目を閉じて、日本式のスタイルでだるまに願いを込めました。


みんなの願いが叶って、反対側の目を入れられる日が早く来るといいですね♪



 

ご寄付のお願い


さくら女子高校設立に向け、私たちは今一丸となってファンドレイジングを行なっています。タンザニアの未来を担っていく女性リーダーを育成するための高校を、一緒につくりませんか?私たちの挑戦をサポートしてくださる方は、こちらからオンライン決済へお進みください。



 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。(所要時間1分程度



閲覧数:26回0件のコメント
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page