top of page
  • 執筆者の写真現地日本人スタッフ:笹瀬正樹

「教育が大事!」TOFAの支援活動のきっかけとは?

日本のNGO「TOFA」メンバーとそのご友人の皆さんが、さくら女子中学校を訪問してくれました。

TOFAの理事の方々をはじめ、タンザニアの教育を関心を持ったメンバーの方々もご一緒に来てくれました。

20年前に、理事長の田中さんがイタリア人の友人たちとタンザニア人のポールさんの教育の支援をしたことが、TOFAの活動のきっかけになったのだそう。


現在は、教育環境が不十分な地域への教科書配布などの教育支援をはじめ、雇用創出や環境保全など、さまざまな活動に取り組んでいるとのことです。

教育支援を受けて人生が変わったポールさん。


生徒にお話ししてくれた中に出てきた、彼の「教育が大切だ!」という言葉にはずっしりとした重みと、説得力がありました。

個性豊かな皆さんの自己紹介もとても印象的でした!


参加者の方の1人が披露してくれたマジックには、「え!?」と、みんなすごい顔で驚いていました。(笑)

ツアー参加者の方の中にはナント、さくらの生徒と同じ中学生や教員志望の大学生も!


短い時間でしたが、とても貴重な交流の機会となりました。

お客さんが来たら必ず行う学校案内ツアーでは、日本文化の授業の学習成果物や、理科室などの学習環境を見ていただきました。


生徒が日本語で書いた短冊のお願いにびっくりだったようです。

皆さんはこの後、セレンゲティ国立公園を越え、ポールさんの故郷にある支援先の村へ向かいました。


遥々お越しいただき、ありがとうございました〜!

 

ご寄付のお願い


さくら女子高校設立に向け、私たちは今一丸となってファンドレイジングを行なっています。タンザニアの未来を担っていく女性リーダーを育成するための高校を、一緒につくりませんか?私たちの挑戦をサポートしてくださる方は、こちらからオンライン決済へお進みください。



 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。(所要時間1分程度







閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page