マーシュ・マクレナンのマーサージャパンが、さくらの活動をサポート!

更新日:10月20日

 世界最大級の組織・人事コンサルティング会社の日本法人であるマーサージャパン(株)さんが、さくら女子中学校、そしてキリマンジャロの会の活動に力を貸してくださることになりました。

 米国に本拠を構えるマーシュ・マクレナンが今年、創業150周年を迎えるにあたって、グループ会社のマーサーは、今年2021年の国際女性デー(3月8日)にP.A.G.E 150という取り組みを立ち上げられました。


P.A.G.E 150とは?

 この地域的取り組みでは、マーサーアジアにおける11市場(日本、韓国、中国本土、香港、インド、マレーシア、フィリピン、シンガポール、インドネシア、タイ、台湾)の各拠点が、向こう12カ月にわたり最低150時間を費やし、各市場で社会的・経済的に恵まれない境遇にある女子の教育へのアクセスと機会の向上に専念する社会的企業に専門的サービスを提供するボランティア活動を行う。
 ※P.A.G.E:Powering Asian Girls’ Education(アジアにおける女子教育の推進)

(マーサージャパンHPより)
https://www.mercer.co.jp/newsroom/2021-powering-asian-girls-education.html 

 マーサージャパンは、キリマンジャロの会とさくら女子中学校の「タンザニアの女子たちが活躍できる社会を目指す」という想いに共感してくださり、このP.A.G.E 150の取り組みを通して、取り組みに力を貸していただけることをお約束してくれました。

 その後、マーシュ・マクレナンの皆さんに、さくら女子中学校やタンザニアについてを知っていただく機会として「社員向けの勉強会をしたい」とご提案があり、早速、機会を作ってくださいました!

 キリマンジャロの会スタッフが、写真や映像を使ってさくらの取り組みや、学校自体や支援上の課題などについて説明をし、マーシュ・マクレナンの皆さんからの質問も受けさせていただきました。(時間の関係で、質問はいくつかしかお答えできませんでしたが、多くの方がさくらに興味を持ってくれた印象でした!)



具体的にどのようにお手伝いをしていただくかはこれから話し合って決めていくことになりますが、どんな形であれ、これから一緒にさくら女子中学校をよりよくしていけることが、とても楽しみです。

勉強会の様子(2021年4月6日)

 マーシュ・マクレナンの皆さん、貴重なお時間をどうもありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!!


・マーサージャパンの「コミュニティへの貢献」ページはこちら。
https://www.mercer.co.jp/about-mercer/mercer-cares.html 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。

最新記事