top of page
  • 執筆者の写真現地日本人スタッフ:登尾紗衣

鬼は外!福は内!節分の豆まきを行いました。

さくら女子中学校では週に一回、日本語や日本文化について学ぶ時間があります。


2月初回の文化の授業では、節分について紹介しました。


いわしの頭を飾ったり恵方巻きを食べたりと、節分にはユニークな風習がたくさんあり、生徒たちも驚いたようでした。


授業の最後には、タンザニアでよく食べられている豆・カランガを使って豆まきを体験!


壁に投影した鬼のイラストに向かって豆を投げたり、「鬼になりたい!」と言った子に鬼の役をやってもらったり、黒板に鬼の絵を描いてもらってそれに向かって豆を投げたりと、やり方はクラスによって様々でしたが、みんな楽しそうに豆まきをしていました。



これは4年生が描いた鬼の絵。



「絵が上手いのは誰?」と聞いたら、クラスメイトたちから選ばれた二人がお手本を見ながら描いてくれました。二人とも、とても上手に描けています!!


この豆まきによって、さくらにたくさんの福が訪れますように。


★1月の文化体験の様子はこちらから!


 

ご寄付のお願い


さくら女子高校設立に向け、私たちは今一丸となってファンドレイジングを行なっています。タンザニアの未来を担っていく女性リーダーを育成するための高校を、一緒につくりませんか?私たちの挑戦をサポートしてくださる方は、こちらからオンライン決済へお進みください。



 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。(所要時間1分程度



閲覧数:35回0件のコメント

Comentários


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page