卒業生全員の進学が決定!!

昨年卒業した生徒、47名全員の進学が決まりました!

2020年度の卒業式

 昨年卒業した生徒47名が、全員進学できることになりました!

そのうちなんと、ほぼ全員が高校進学資格を得ることができました!


中には、高校に進学するための資格は得たものの、専門学校職業訓練校への進学を選んだ生徒もいます。


タンザニアの多くの生徒が「高校に行くための学力に届かず、専門学校に進学する」のに対し、さくら女子中学校の数名の生徒は「高校も専門学校も選べるけど、あえて専門学校に進学する」ことを選択しました。


1人の生徒だけは、昨年度の途中から、何かの事情で学校に来ることができず、試験を受けることはできたようです。


しかし、数ヶ月もの間、学校から離れていたのにも関わらず、専門学校に進学することできたのはすごいことですよね。


それまでに学校で学んだことがしっかり身についていた証拠です。

以前の模擬試験の様子

 さて、ここからは、このさくら女子中学校の試験結果がどれほどすごいのかを、図入りで解説していきます!

数字が大きい上に、数学で勉強するような表やグラフが出てきますが、眠くならないように少しご辛抱くださいね。(笑)
進学についての全国との比較

上の表とグラフは、タンザニア全国の中学生の試験結果(2018年度)と、さくら女子中学校の試験結果(2020年)を比較したものです。

※全国のデータは最新のものではないのでご注意ください。


タンザニアでは、そもそも高校や専門学校は、学校数が少ないので、進学したくてもできない生徒が続出してしまうのが現状です。

実際、約7割の生徒が進学できずに就職などの道を選びます。


そんな中、さくらの生徒は全員が進学を選ぶことができました。

全員が希望して進学を選べるなんて、これは快挙以外の何ものでもありませんよね!?


 さらに、さくらの生徒は数学が苦手な傾向にあり、昨年はそれを克服できずに文系コースにしか進むことができない生徒も多かったのですが、今年は高校に進学した生徒の7割以上が理系コースに進学できています。


卒業後に学校に来る機会は無いため調られてはいないのですが、もちろん文系希望の生徒もいるので、ほとんどが希望したコースに進学できたと言ってもいいのではないかと思います。


卒業生のみんな、本当におめでとう!!!

卒業式で乾杯をする生徒たち

 そして、この結果は、一生懸命勉強を頑張った生徒はもちろん、毎日工夫をして授業を行っている先生の努力、そして、ご支援者の皆さまをはじめ、日頃から応援をしてくださる方々の力で成し遂げられた快挙だと感じています。


改めまして、この場を借りて皆さんにお礼を申し上げます。


本当にありがとうございました!!


 さくら女子中学校のより一層の発展、そしてタンザニアの明るい未来ため、今後ともご支援・ご協力のほどお願い申し上げます。


★関連記事はこちら

・2020年の国家試験の結果発表! ・第2期生の卒業式!歌ありダンスあり…そしてケーキカットも!?


メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。



最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square