top of page
  • 執筆者の写真現地日本人スタッフ:登尾紗衣

日本人グループが来校!生徒たちは大はしゃぎ!

更新日:11月3日

10月5日、日本人のグループがさくら女子中学校をご訪問くださいました。



グループを率いる荒井育恵さん(右端)は、まだ校舎建設中だった頃に初めてさくらを訪れて以来、生徒との交流や卒業生への支援など、さまざまな形でさくらに関わり続けてくださっています。


今回は2019年以来となるご訪問。日本からのお仲間をたくさん連れてきてくださいました!


まずは、初めてさくらに来てくださった方々のために、日本人スタッフが校内をご案内。



食堂や校舎、寮などの建物をご紹介した後、実際に実験室の中に入っていただくことに。実験器具などの設備が整っているのを見て、皆さん驚きのご様子でした。


あいにく、さくらでは急遽実施が決まった試験の真っ最中。試験が早く終わった一年生たちと交流していただきました。


一人一人自己紹介をしてくださったあとは、メンバーのうちの一人、小川麻子さんがダンスと歌のパフォーマンスを披露してくださいました!



プロのダンサーであり、シンガーでもある小川さん。生徒たちも知っている森山直太朗の「さくら」をアカペラで歌いながら、ダイナミックなダンスを披露してくださいました!


普段あまり芸術鑑賞をする機会のない生徒たちは、目が釘付けの様子でした。



ダンスの振り付けを教えてもらう生徒たち。お花が咲いたようでとっても綺麗です!!


さらに、ポストカードや折り紙、キラキラのキーホルダーなど、たくさんのプレゼントを持ってきてくださっていました!



一人一つずつ、手渡しでプレゼントを受け取る生徒たち。



「ポストカードの裏には将来の夢を書いてね!」と言われた生徒たちは、


「パイロットになりたい!」

「医者になりたい!」

「ツアーガイドになりたい!」


と、それぞれの夢を綴っていました。


みんなとっても嬉しそう!素敵なパフォーマンスとたくさんのお土産、本当にありがとうございました〜!!


最後に全員で記念撮影。

ご来校いただきありがとうございました!ぜひまた、さくらにお越しくださいね♪


そして当日配りきれなかったお土産は、後日ほかの学年の生徒たちへ。



「国家試験のために勉強を頑張っている2年生と4年生にプレゼントしてあげてほしい」という校長先生のご希望で、分度器やコンパスなどの数学セットは4年生に、ディズニーのイラスト付きのコップは2年生に手渡されました!


交流会には参加できなかった学年の生徒たちも、思いがけないプレゼントに嬉しそうな様子。


たくさんのプレゼント、本当にありがとうございました!!


 

ご寄付のお願い


さくら女子高校設立に向け、私たちは今一丸となってファンドレイジングを行なっています。タンザニアの未来を担っていく女性リーダーを育成するための高校を、一緒につくりませんか?私たちの挑戦をサポートしてくださる方は、こちらからオンライン決済へお進みください。



 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください。(所要時間1分程度



閲覧数:144回0件のコメント
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page