瀬戸内海放送の企画で、岡山学芸館高校の生徒とSDGsを考える!

更新日:6月11日

 文部科学省#せかい部✖️SDGs探究プロジェクト瀬戸内海放送とのコラボ企画で、高校生にオンライン講座を実施しました。

 本企画は、瀬戸内海放送さんの番組「高校生と見つける、私たちのSDGs」のプロジェクトの一環で、駐在スタッフが岡山学芸館高校の高校生に対して、「タンザニアの課題と、さくら女子中学校の取り組み」についてのお話をさせていただきました。


ホームページによれば、「高校生と見つける、私たちのSDGs」のコンセプトは、

企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。

とのこと。(ホームページのリンクは本ページ下にあります。)


 また、高校生からは、学校で取り組んでいる「国際理解教育の教材の開発」についてのお話を説明していただきました。



 限られた時間でしたが、お互いに取り組んでいるSDGsに関する活動についてを紹介し合い、学びの得られる機会でした。


 瀬戸内海放送 KSB5chの公式YouTubeより動画がアップロードされていますので、ぜひご視聴ください。

 瀬戸内海放送 KSB5ch の記事リンクはこちら。

・高校生と見つける、私たちのSDGs #44「タンザニアの教育を学ぶオンライン講座」 

 過去には、文部科学省#せかい部✖️SDGs探究プロジェクトで、全国から選ばれた高校生や、愛知県の金城高校の生徒にもお話しさせていただきました。その時の記事はこちら。

・文科省トビタテ!オンライン企画で特別授業! 

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。

最新記事