さくらの1年生がプログラミングを学ぶ!

更新日:11月21日

 10月半ば、日本から (株)ict4eの原さん率いるICT Programming Education Tourの皆さんがさくらを訪問してくれました。

ICT Programming Education Tour

 午前は、プログラミング教室!

 Ichigo jamという名前の、世界一小さなコンピュータを使ってプログラミングを学んだり、Schratchというソフトを使って、画面上のキャラクターにプログラミングで指示を与えたり、たくさんのことを学びました。

生徒の中にはエンジニアを目指す子もおり、皆、興味津々に目を輝かせて学びに取り組んでいました!

日本の学校ではもうすぐプログラミング学習が始まるそうですね。

タンザニアでも、インフォーマルな学習の場ではありますが、プログラミング教育が取り入れられ始めているそうですよ。


午後は、科学教室!

 クラシエさんからご提供いただいたお菓子を使った、食品と科学についての授業を行ってくださいました。二つの色を混ぜ合わせることで新しい色を作ることができたり、液体を別の液体と混ぜたら固まったり...とても楽しい授業でした。

カラフルで美味しい実験に、みんな、サイエンスがもっと好きになったのではないでしょうか?


Education Tourのみなさん、素晴らしい経験をありがとうございました!!!

(株)ict4eの原さんより卒業生にプレゼント
(株)ict4eの原さんより、卒業生にプレゼントもいただきました!

生徒と同じくらいの年齢の子もツアーに参加しており、とても楽しい交流もできました!

ICT Programming Education Tour(タンザニア・ルワンダ)の紹介ビデオはこちら!

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。



最新記事