日本の高校生2名がさくらで交換留学!

更新日:9月13日

さくら女子中学校に、日本から2名の高校生がやってきました。2019年8月7日〜19日の約2週間、学校に滞在し、生徒と一緒に勉強したり、学校の環境整備をしてくれました。

さくらの生徒数名が日本を訪れた時に、彼女たちの学校を訪問し、授業に参加したり、文化を教えあったりと、交流交流を行いました。それから3年の歳月を越え、やっとこうして交換留学を成し遂げることができました。

初めは戸惑うことも多く、少し元気のなさそうだった2人でしたが、日を重ねるごとに、どんどんと学校に馴染んでいき、最終日には「こんなに、(さくら女子中学校の)みんなと仲良くなるとは思わなかった...。」「日本に帰りたくない!」と涙のお別れでした。

英語や数学、生物の授業に参加して一緒に勉強したり、日本文化の授業では日本舞踊を教えてれたりしました。

 また、授業以外の時間では、プロジェクターを使う部屋のカーテンを作ってくれました。生地選びから自分たちで行い、手縫いで大きな7枚ものカーテンを作ってくれました。おかげで、スクリーンの画面が、とてもクリアに見えるようになりました。

さて、どんなカーテンが出来上がったのでしょうか?

2週間のたくさんの体験と一緒に、映像でご確認ください!

たくさんのご支援、そして思い出をありがとうございました!


次の再会は、日本かな?それともタンザニアでしょうか?


いつかまた、世界のどこかで、この時の思い出話ができるといいですね!

メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。

最新記事