薪で作るご飯はタンザニアでは当たり前!

最終更新: 6月11日

さくら女子中学校のご飯は、基本的に全て薪で火を焚いて作ります。


その薪は、生徒が協力して運びます。

頭に乗せて物を運ぶのは、タンザニアではよく見る光景ですが、首は痛くならないのでしょうか?


少し重いようですが、美味しいご飯のために頑張ります!

タンザニアの学校では、どんなご飯を食べるのでしょうか?


調理や食事の様子は、以前の動画で紹介しています。


また、日本人の訪問客の方々が、お土産に「カレー」のルウを持ってきてくれることもあり、生徒は楽しみにしています。カレーはタンザニア人の口に合うようで、みんな大好きです。

毎食、薪で火を焚いて作るのは、現代の日本人からしたらちょっと大変なことですが、これがタンザニアの当たり前!


でも、こうして作る食事は絶品です!


タンザニアに来ることがあれば、ぜひ薪で作るタンザニア料理に挑戦してみてくださいね!


メールマガジン購読について


毎月、さくら女子中学校の生徒の活躍や、最新のニュースなどを、写真付きで配信しています。購読希望の方は、こちらのページからメールアドレスをご登録ください。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square