病院で勉強!?さくらの目指す生徒中心型授業とは?


 4年生の生徒が、生物の授業で出た疑問を解決するため、近くの診療所へ訪問ました。生徒たちは、生物の授業で勉強した「呼吸器の病気」について、それぞれが疑問に思ったことを看護師さんに質問をしました。

「自らの中から出た疑問を解決するため、自ら動く。」 これも、さくら女子中学校の目指す「生徒中心型」の学習の1つです。

 他にも化学の授業で学んだ「応急処置」を寸劇を作って学んだり、討論(ディベート)を通して「伝える力」を身につけたりと、さくら女子中学校の先生たちは、生徒が中心となって学びを作る授業を心がけています。

応急処置の寸劇や、寸劇(ディベート)の様子は、以下のビデオからご覧いただけます。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2020 Group Kilimanjaro Inc. All rights reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
JP.png
EN.png